FC2ブログ
background movie

サニースポットのヘアケアブログ

ヘアケアやエイジングケアについての情報をお届けします
2020年02月の記事

髪の骨格補強・修復(矯正)

一言に「髪の悩み」と言っても年代によって様々です。30代頃まではヘアスタイルや髪のダメージの事、しかし、
40代以上以上になると「髪質の変化」が加わってきます。「皆さん」の髪の悩みはなんですか?

カットの時、以前は髪の量を減らしていたのに今はそのままでも治まっている(細くなった・コシやハリが減った)。ツヤ・サラ髪が自慢だったのに、最近はすぐに広がってからみやすくなった(保湿・保水不足)。クセの無い髪だったのに近頃ハネたりウネったり(頭皮・毛根の老化)。ブローやアイロンで仕上げてもすぐに髪がだれてしまう(髪の強度の衰え)等々。
   
素敵なヘアスタイルを楽しむにはどれも困った問題です。((((;゚Д゚)))))))

実はこれ、我々美容師にとっても皆様のご希望を叶えるえうでの共通の悩みなのです。
これらはヘアダメージだけでは起こらない問題ばかり、逆を言えば「今までのダメージケア」では解決しない問題ばかりです。

   だったらどうすればいいのでしょう・・・・・?

   そこで大事になるのが「髪の骨格補強・修復(矯正)です」。\(^o^)/

とは言ってもそもそも「髪の骨格」って何・・・? ですよね。
思い出して下さい。 パーマをかけたりアイロンでカールをしたり、一度セットすると長持ちするでしょう?  これは薬品や熱の力によって髪の骨格(に当る部分)を変化させてヘアスタイルを作っているのです。人の体が骨によって支えられ、筋肉を使って動かしているように、髪も同じ様な構造なのです。しかし悲しいかな、骨も筋肉も髪も時間と共に変化をすることは否めません。

でも髪の骨格を補強・修復(矯正)することで、必ず以前のように髪のしっかり感や弾力が実感でき、ツヤ・ハリ・コシが戻って普段のお手入れがとてもしやすくなります。(*^_^*)

これはヘアケアを発想転換させたオリジナルメニュー「レストレーションシリーズ」で可能になりました。
純粋ケラチンを中心に、数種類の加水分解ケラチンを組合せたヘアエステローションを使用します。ポイントは純粋ケラチンをいかに毛髪内部へ作用させるか?にあります。浸透させる仕組みはありますが、もちろん合成ポリマーやアルカリ剤等は一切使用しておりません。全ての素材を髪や肌と同じか、同等成分を使用して作っています。
当サロンがケミカルケアを基本にオリジナルで開発・進化させて出来た他にはない新しいメニューです。

だからと言って別に変ったパフォーマンスをするのではなく、髪の骨格を考えながら配合・調整した複数のヘアエステローションを「目的に合わせて」整え、施術をするだけです。
今迄のような「システムトリートメント」等のように、わずらわしい手間や余分な時間がかからずに髪の骨格補強・修復(矯正)ができるのもこのレストレーションシリーズの大きな特徴と言えます。

このヘアエステローションは、髪に不足してきた骨格のエイジングケア成分をどんどん浸透させ、施術が終わったその時点で補強は完了するのでムダな時間がかかりません。後はその成分を長持ちするように「圧縮ナノスチーム」と「定着剤」で閉じ込めればすべて完了です。所要時間も、全施術プラス5~6分程度です。髪の変化は初めての施術でもきちんと確認でき、しかも回数を重ねるごとに症状は回復してゆきます。特にパーマやカットに使用すると、その見違える様な効果に皆さんが驚かれます。

最後に、髪の骨格補強・修復(矯正)を始め「ヘアエステ」全般に言えることですが、このような施術はサロンからの一方通行だけでは決して完成されません。あくまでも、良い状態を維持し毎日のお手入れをなさるのは「お客様ご自身」です。
今お使いのヘアケア剤も、例えお気に入りであっても「良い結果が得られていない」のならばを思い切って変えてみるタイミングかもしれません。

厳選した最高の新素材を、ケミカル理論とその蓄積で完成させたヘアエステローションで、未来型のヘアエイジングケアをぜひ体験してみませんか?

今回も長文を最後までお読みいただき、有難うございました。(*´ω`)┛
スポンサーサイト



プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。