FC2ブログ
background movie

サニースポットのヘアケアブログ

ヘアケアやエイジングケアについての情報をお届けします
2013年06月の記事

最近のシャンプーに思うこと

http://haircare.realwork.jp/
先日、こんな(http://biz-journal.jp/2013/06/post_2363.html)記事を見つけました。

最近のドラッグストアーへ行くと、ノンシリコンシャンプーが

洪水状態で溢れています。

でも、ちょっと気になるので成分表を覗いてみました・・・・・、

ふんふん、グルタミン酸Na・ココアンホ酢酸Na結構気を使ってる・・・ん?・・・

あれっ!、これはっ・・・・

オレフィン系の活性剤ぢゃないか・・・・。

これってパイプ洗浄剤なんかによく使用されている「ヤツ」じゃないですか!・・・

と言う訳でさいしょのアドレスの記事になるのでした。

この成分が多く入っているシャンプーは、洗浄力の強すぎが考えられます。

洗いあがりもごわつき、パサつきが気になるでしょう。

また、タンパク変性作用という皮膚刺激につながる作用も持っています。

(http://www.shampookantei.com/より抜粋)

少し前に、いわゆる「硫酸系」の界面活性剤の毒性が

盛んに叫ばれた時期がありました。有名メーカーは大量生産の名のもと

当たり前のように「ラウレス硫酸Na」などの合成洗剤を大量に消費し、

大量の「新ブランド」のシャンプーを作ってきました。

一部の賢い消費者たちは、盛んに警鐘を鳴らしましたが、

その声はなかなか届きませんでした

そんななか、新興メーカーが「差別化」の一環として、

ノンシリコンシャンプーが誕生してきたのです。

ドラッグストアーとのタイアップ作戦が見事に成功し現在に至っています

今は、有名メーカーのほうがノンシリコンのマネをし始めているくらいです

ノンシリコンシャンプーを使用している皆さん。

コンデやトリートメントはノンシリコンですか

おそらく、殆どの物がジメチコン・シクロメチコン

などのシリコンでてきているはずです。

髪や地肌の衰えをうすうす感じ始めているあなた・・・・・

頭皮の老化は、ストレートにお顔に影響してきます。

少し考えてみましょう。

肌が老化するとどうなりますか

これはすぐに分かるでしょう。そう、シワが出来て

たるんできますよね

では頭皮が老化するとどうなりますか・・・・・・

賢明な方はもうお気づきでしょう、たるんだ頭皮は

だいじなお顔に落ちてくるのです

そうなる前にすぐにお風呂場へ飛んで行って

一度調べてみてはいかがでしょうか。






スポンサーサイト



梅雨時の髪、バサバサになりますね。

http://haircare.realwork.jp/
梅雨に入って湿気が増えると始まる髪のバサバサ

皆さんも悩んでいるのではないでしょうか。

では、なぜそうなってしまうのでしょうか?

皆さんもヘアカラーやパーマの経験があると思います

もちろん、それに伴うダメージも経験していることでしょう

ご存じのように、髪は12~13%の水分を持って生まれてきます

それが、髪を加工(パーマやヘアカラー)することで

本来の水分保持の為のスペースが壊されてしまいます。

一度濡れた紙を乾かすとどうなるでしょうか?

そう、うねうねとして波打ってしまいますよね。

髪がバサバサになってしまうのも、これと全く同じことなんです。

対策はただ一つ!!元々持っていた保湿機能を

復活させてあげること以外にはありません。

そして、シャンプー剤選びとヘアエステが大事になってくるのです。

くれぐれも「ラウレス硫酸系」・「ラウリル硫酸系」・

「オレフィンスルホン酸系」が表示されているシャンプーの

使用はくれぐれも気を付けてください。

最近のノンシリコンシャンプーのほとんどに

いずれかの成分が基剤として使用されています。

これらは頭皮の老化を促進させます、

早速お風呂場で、チェックしてみましょう

髪と頭皮の老化を防ぎ、穏やかに洗浄してくれる活性剤は、

「ココイル」「ココアンホ」「ラウロイル」「ベタイン」のいずれかのみです。

あとは、ヘアカラー等で失われたタンパク質や脂質・保水成分等を

状態を見て補給し、正常に修復してあげる事です。

そうすると、髪の中に水分をキープする場所と器が出来上がり、

湿気に強い髪ができるのです。

後は、仕上げにアウトバスタイプのトリートメントを

毛先・表面につければ、かなりのスタイルキープが出来るようになります。

一度お試しください。




プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。